「日本をリセットする」「しがらみのない政治」小池百合子氏が希望の党設立宣言

1: まとめくすなうしとらさん 2017/09/27(水)13:46:34 ID:???
 小池百合子東京都知事が代表を務める国政政党「希望の党」が27日午前、東京都内のホテルで設立会見を開き、
小池氏が「しがらみのない政治、大胆な改革を築いていく新しい政治のために、日本をリセットするために党を立ち上げる」と宣言した。

会見では「寛容な改革保守政党を目指す」ことなどを柱とした綱領も発表。来月の衆院選で全国で150人規模の候補者を擁立し、
安倍晋三政権の批判票の受け皿を目指す。

 会見には、細野豪志環境相中山恭子参院議員ら国会議員14人が参加した。

 小池氏は会見で「今日本をリセットしなければ国際間競争や安全保障などを十分守りきれない。
危機感を共有する仲間が集まった」と強調し、「寛容な改革の精神に燃えた保守、新しい政党だ」と述べた。

 さらに「北朝鮮情勢がこういう中で政治空白があっていいはずがない」と述べ、安倍首相による衆院解散の判断を批判した。

 衆院選へのくら替え出馬については「2020年東京五輪パラリンピックの準備を都知事として進めていきたい」と否定した。

 綱領は「世界で深刻化する社会の分断を包摂する、寛容な改革保守政党を目指す」と明記。小池氏の意向を反映し「情報公開」
「ワイズ・スペンディング(賢い支出)」も盛り込んだ。

(以下略)

産経web/2017.9.27 11:13
http://www.sankei.com/smp/politics/news/170927/plt1709270027-s1.html

◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 75◆◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1504129238/

f:id:akihaya12:20170928035020j:plain

続きを読む

【軍事】北朝鮮のレーダー、稼働せず 深刻な電力難が原因か

1: まとめくすなうしとらさん 2017/09/27(水)09:38:27 ID:???
北朝鮮レーダー未稼働、深刻な電力難原因か 米機飛行時

 米空軍の戦略爆撃機B1BとF15戦闘機が23日に北朝鮮東方の国際空域を飛行した際、北朝鮮軍の早期警戒レーダーが
稼働していなかったと軍事関係筋が明らかにした。
北朝鮮は深刻な電力難でレーダーが十分稼働していない。米側の突然の飛行もあり、満足な対応ができなかった模様だ。

 韓国の国家情報院も26日、北朝鮮軍が緊急発進(スクランブル)などの対抗措置を取らなかったと国会情報委員会に報告した。

同委所属議員らが明らかにした。米国は北朝鮮の反応について「突然で驚いたようだ。(略)

米側は、北朝鮮がB1Bの飛行経路を理解していないと判断し、経路を公表したという。

(以下略)

ハフポスト/(朝日新聞デジタル 2017年09月27日 03時03分)
https://m-huffingtonpost-jp.cdn.ampproject.org/c/m.huffingtonpost.jp/amp/2017/09/26/nk_a_23224008/
no title
続きを読む

【衆院解散】安倍晋三首相「国難突破解散」 北情勢、未曽有の危機迫り決断

1: まとめくすなうしとらさん 2017/09/26(火)14:01:25 ID:???
 「自らが先頭に立って国難に立ち向かっていく。トップである私の責任であり、首相としての使命だ」

 安倍晋三首相は衆院解散を表明した25日の記者会見で、こんな覚悟を示した。

 なぜ今、解散なのか-。記者会見では、むしろ消費税の使途変更に言葉を費やしたが、安倍首相の決断理由は一にも二にも、
そこに北朝鮮問題があるからだ。わが国はまさに、戦後最大の安全保障上の危機に直面しているのである。

 「米国が来年、北朝鮮に軍事行動をとる可能性が出ている」

 政府高官は最近、こう明言した。
そして「今年は対北経済制裁をやったばかりで、これからその効果と反応を見定める時期だからないが…」と続けた。

 安倍首相はトランプ米大統領と頻繁に電話や直接の会談を続けており、今やトランプ氏の考えを世界で最もよく知る外国首脳だ。
すでに米側から、何らかのシグナルを受け取っているものとみられる。

 一方、衆院議員の任期は来年12月までだ。現在のタイミングを逃すと、国際社会、とりわけ極東地域の大混乱の最中に、
衆院選を強行せざるを得なくなるかもしれないというわけだ。

 「北朝鮮情勢の緊張が高まるこの時期に、なぜ解散なのか」との批判は的を射ておらず、むしろ状況を
冷静に分析・判断したからこその解散なのだろう。

 北朝鮮の暴走は止まる気配がない。
今月3日には6回目の核実験を実施し、15日には中距離弾道ミサイルを発射して約3700キロ飛ばし、米領グアムをいつでも攻撃できると示威した。

 米国の許容限度を超えた挑発だといえる。北朝鮮の出方次第では、米国は軍事的選択肢の行使を辞さないだろう。
政府は朝鮮半島有事を含め、あらゆる事態に備え、国民の生命、財産を守らなければならない。

 そうした現状を踏まえ、安倍首相は周囲にこう語っている。

 「今こそ、衆院選で対北朝鮮対応について国民の信を得て、そのうえで国際社会にも同調を呼びかけていきたい」

 また、25日の記者会見では同様に「対話のための対話では意味がない。選挙で信任を得て力強い外交を進める。
北朝鮮に毅(き)然(ぜん)とした対応をとる」と強調した。対北圧力路線を加速するためにも、国民の理解と協力が必要だということだ。

(以下略)

産経web/2017.9.26 01:02
http://www.sankei.com/smp/politics/news/170926/plt1709260010-s1.html

◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 75◆◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1504129238/

f:id:akihaya12:20170928040750j:plain

続きを読む
How many times does an angel fall? ​